クレジットカードには家族カードがあります。
例えば、三井住友の家族カードなどがあります。
家族カードは元となるクレジットカードに追加して発行します。
クレジットカードの新規申込と同時に申込みをするか、本カードを発行したあとに追加で申込みをすることになります。

家族カードが発行できるのは、本カード会員の家族のみです。
親、配偶者、子どもが対象になり、基本的に同居しており同一生計である必要があります。
クレジットカードによっては、本カード会員と同姓でなければ発行できない場合もあります。
子どもでも独立をしており生計が違うと、家族カードは発行できません。
ただ学生で一人暮らしをしているというときは、同一家計なので家族カードが発行できるクレジットカードもあります。

また家族カードであっても、高校生をのぞく18歳以上でなければ発行できません。
これは通常のクレジットカードと同様ですね。
しかし高校生でも留学などで海外に行く場合は、家族カードの発行可能なクレジットカードがあります。
海外では高校生といえどもクレジットカードがないと不便ですから、本人も家族も助かりますね。

家族カードは本カードよりも、年会費は安く設定されていることがほとんどです。
家族それぞれにクレジットカードを発行するより、年会費を抑えることができるでしょう。

クレジットカードの達人などでもっと詳しく調べられます。
クレジットカードの達人 | お得なカードを徹底調査比較 おすすめはコレだ!